TOPわが家のしつけ Q&A > 健康に関すること(夜更かしで生活が不規則)
健康に関すること
夜更かしで生活が不規則(中2・男子)
Q
中学1年の3学期ごろから、夜遅くまでテレビを見たり、CD音楽を聞いたりして、2時、3時まで起きている姿が目だつようになりました。そのためなかなか起きられず、朝食抜きで登校することもしばしばです。また、帰宅すると、夕食もとらずに10時ごろまで寝てしまうことが多く、家庭学習もおざなりになりました。こんな状態では体にもよくないし、勉強にも影響するのではないでしょうか。
イラスト

A

子供さんだけでなく、日本人全体が夜型の生活になっているようです。その元凶としてテレビをあげる人がいますが、これは子供だけの問題ではなく、大人を含めた家庭全体の問題として考えてみる必要があります。 「夜型」の生活で問題なのは、睡眠時間が短いということだけでなく、就寝前のテレビなどの視聴では大脳が興奮し、布団に入ってもなかなか眠れないことです。また、起きてから最低2時間たたないと、大脳は正常に働かないということです。起きてすぐ運動能力テストをすると、記録がとても悪いこともわかっています。

そのうえ朝食抜きで学習するとなると、おなかがすいて情緒的に不安定になり、集中力もなくなります。

自分で朝起きができないようでは、学習だけでなく生活全般に「張り」がなく、何事にも受け身になります。基本的な生活習慣の中でも、早寝、早起きは最も基本的なものです。何のために、なぜ規則正しい生活をしなければならないのか、家族で話し合ってみてはどうですか。

また、家庭の生活リズムを見直すことも必要です。できたら朝食、夕食は家族そろってとるようにしたいものです。入浴時間やテレビの見方・視聴時間などについても話し合ってみてはどうでしょう。

中学校の2年生ともなれば、時には3時、4時までかかってやらなければならないことも出てくるでしょう。そんなときも、決めた時刻には起きなければなりません。眠いのをがまんしてでも、生活のリズムを守ることが大切です。そのうちに、だらだらした生活の見直しが自分でできるようになってきます。朝起きがつらければ、やるべきことは集中してやって、なんとかして早寝するように心がけるでしょう。これができれば、たいていのことは自分の意志でできるようになります。

イラスト

ページのトップへ戻る