TOPわが家のしつけ Q&A > 基本的生活習慣などに関すること(夏休みに友達の家に泊まりたい)
基本的生活習慣などに関すること
夏休みに友達の家に泊まりたい(中3・女子)
Q
「夏休みに友達の家に泊まりたい。」と、娘が言いだしました。どのようにしたらよいでしょうか。
イラスト

A

中学生は、交友関係や友情を非常に大事にします。親や教師に言えないことでも、友達には相談します。それ自体は親から見れば寂しいことかもしれませんが、大人に一歩一歩近づきつつあるわけで、悪いことではありません。そして、お互いにずいぶん細かい心づかいもしますが、多分に自己中心的なものであることも事実です。

さて、ご質問の外泊についてですが、勉強を口実にしたり、みんながやっているからと言われたりすると、親は弱気になってしまうものです。しかし、たとえ友達の家といえども、外泊については慎重に対応する必要があります。子供の自主性を育てるといっても、そこにはおのずと制限すべきこともあります。夜間の外出とか、友達の家での外泊は、基本的な生活習慣を乱す危険な要素を含んでいるからです。

外泊ということになれば、たとえ一日にしろ、相手のご両親が保護者という立場になるわけで、安心して任せられる状態にあるのかどうかがポイントになると思います。

お子さんの場合は、親に相談をもちかけているという点を大切にして、相手の家庭状況はどんな様子なのか、だれが参加するのかも聞きだしながら、外泊したい理由を確認してみてください。

また、お互いの親どうしが、この外泊問題について、電話ででも連絡を取り合ってよく話し合われることをお勧めします。親どうしが友達になっておく、これも大切なことです。

進路決定をする3年生という立場からいえば、夏休みは大きなやまといえます。この機会に、「夏休みを有意義に過ごすためにも、今、自分は何をなすべきか」を家族でよく話し合ってみてください。

せっかくの夏休みを、無計画に、むだに過ごすことがないように、子供を温かく見守り、必要に応じてアドバイスしていきたいものです。


ページのトップへ戻る