TOPわが家のしつけ Q&A > 基本的生活習慣などに関すること(携帯電話を欲しがる)
基本的生活習慣などに関すること
携帯電話を欲しがる(中1・女子)
Q
娘が、最近しきりと携帯電話をねだります。「みんな持っている。」は、子供が物をねだるときの常とう手段ということはわかっていますが、これだけ物騒な時代だと、部活動や塾の帰り道が心配で、いざというときのために持たせたいという親の思いもあります。でも、メール友達どうしの自殺や殺害という事件も気になります。持たせたほうがよいのか、迷っています。

A

大人にとっても、携帯電話は便利な物です。以前のように、公衆電話を探し回ったり相手と連絡が取れなかったりということが、ほとんどなくなりました。なによりも、話したい相手が必ず出るというのが魅力ですね。たいへん便利な携帯電話ですが、使い方をまちがえると弊害をもたらします。

ここでは、中学生によく見られる弊害についてお話しします。

携帯電話がなかったころの子供たちは、名のり方やあいさつの仕方、用件の伝え方を教わり、電話をかけることからも、見知らぬ人や目上の人との話し方を学びました。しかし、携帯電話の場合は、相手が出ると「あ、わたし。あのね・・・・・・。」ですね。また、かかってきた電話を保護者の方がとり、相手の子と言葉を交わすことで、子供の友達関係を知るきっかけにもなるものです。何か心配ごとがあるときに、子供に聞いたり先生に相談したりして、問題を未然に防いだこともありました。

また、中学生が起こした恐喝事件で、携帯電話を連絡手段とした例も見られます。そして、最近は、学校への持参が禁止されている携帯電話で授業中にメールを打ち、相手とのやりとりに夢中になって注意を受けている生徒もいます。

しかし、今の世の中の様子では、保護者の方がお子さんの帰り道を心配されるのも当然です。携帯電話の必要性について、お子さんと話し合ってみてはいかがでしょう。自分の身を守るために持つのか、楽しみのために持つのかでは、事がまったく違ってきます。「塾の帰りなど、遅くなるときに持つ」など、ご家庭の中でルールをつくるのも一つの方法です。

それでも、お子さんが興味本位の判断に走るようならば、親として毅然とした態度を示すことも、揺れ動く中学生を育てていくためには大切なことだと思います。

イラスト

ページのトップへ戻る