TOPわが家のしつけ Q&A > 基本的生活習慣などに関すること(メールのやりとりに夢中)
基本的生活習慣などに関すること
メールのやりとりに夢中(中1・女子)
Q
娘の誕生日プレゼントに携帯電話を買い与えました。娘は大喜びの様子で、わたしとしても毎回遅くなる塾帰りの連絡に使えるので大助かりのはずでした。しかし、娘は学校から帰って来るとすぐに携帯電話を取り出し、友人とのメールのやりとりを始めます。特に塾のない日は、それがずっと続いています。わたしや父親が話しかけてもうわのそらで、「いいかげんにしなさい。」としかると、逆に怒ってくる始末です。生活にめりはりをつけてほしいのですが……。
イラスト

A

この時期の女の子は、仲のよい友人と常に一体感を感じたい、常に共感をしてくれる友人がほしいと思っている傾向が強いといわれます。学校では、小さな手紙や交換日記を使って、よくコミュニケーションをとり合っています。それが今や、携帯電話にとって代わられたのです。しかも、友達どうしだけでなく、不特定多数との出会いなどに使われ始めています。

例えば、好奇心で出会い系サイトに接続し、援助交際をしたり、犯罪に巻き込まれたりすることがあります。最初はメールのやりとりだけで始まったメル友とのトラブルや、実際に会って、ある女性が乱暴されたり監禁されたりするというような事件もあります。

友達とのコミュニケーションを積極的にとることはよいことだと思います。しかし、携帯電話の使い方については、その利用方法、使う時間帯などを考えて使っていくことが大切かと思います。一度、お子さんと、携帯電話の使い方を含めた生活全般についてじっくりと話し合ってみてください。

その際、お子さんの話を聞き、気持ちを理解したうえで、生活のめりはりをつけることの大切さをお子さんに伝えてください。お子さんがどうしてもメールでのやりとりを続けていきたいというのであれば、携帯電話を使う時間帯を決めるなど、お子さん自身が携帯電話を使ううえでのルールを設けることも必要だと思います。


ページのトップへ戻る