TOPわが家のしつけ Q&A > 基本的生活習慣などに関すること(夏休みに読書の習慣をつける)
基本的生活習慣などに関すること
夏休みに読書の習慣をつける(小4・男子)
Q
早いもので、もうすぐ長い夏休みがやって来ます。子供は4年生になりますが、真っ暗になるまで遊び回っています。毎日、宿題をするだけで、落ち着いて本を読んだりする姿をほとんど見たことがありません。小さいときから本はいろいろと買い与えているのですが、ほとんど興味がないようです。夏休みが近いので、少しでも読書の習慣をつけさせたいと思いますが、どのようにしたらよいのでしょうか。
イラスト

A

まったく読書に関心がなくてお困りの様子ですが、お子さんの年代では、読書に関心のある子は比較的少ないようです。現在、お子さんが読書に無関心でも、あまり心配されなくてもよいと思います。この年ごろの子は、物事に熱中しやすく、たいへん活動的になっていきます。テレビゲームやサッカーなどに、夢中になりますね。

しかし、おっしゃるように、そろそろ読書への関心をもたせ、読書の楽しさも味わわせたい時期です。そのために、いろいろな工夫をなさってはいかがでしょうか。

例えば、時代劇のテレビ番組を見ながら、親ごさんから歴史上の人物の話をしてみてください。お子さんが興味をもったら、その人物の伝記をプレゼントしてあげましょう。また、興味があれば、スポーツ選手の記録物語でもよいですね。今は、読書の楽しさを味わわせてあげることが先決です。

ご家庭で、ご両親が読書をする姿をそれとなく見せたり、お母さんが中心となって家族読書会を開いたりすることも、お子さんへのよい刺激となります。買い物のついでに、お子さんといっしょに本屋さんに立ち寄って、興味のある本を選んであげるのもよいことです。また、お父さんの本棚の本などに興味をもったら、お子さんが気軽に触れられるような気配りも大切になってきます。

時間を決めて読書をさせたり、最初から文学全集などを押しつけても、お子さんは本を読む楽しさを感じません。自分が興味のある漫画の本に真剣になるのとは、読書は違います。日常会話の中から、お子さんの興味や関心を察知し、興味のあることにマッチした本を、タイミングよく与えることが最も大切です。お子さんの誕生日のプレゼントにでもすれば、より効果的ですね。きっと、読書好きな子になることでしょう。

イラスト

ページのトップへ戻る