TOPわが家のしつけ Q&A > 健康に関すること(風邪の予防)
健康に関すること
風邪の予防(小2・女子)
Q
娘は体力がないせいか、冬の間、風邪ばかりひいています。学校でインフルエンザが流行し始めると、真っ先にうつされてきます。回復までに人の倍はかかるので、学習の遅れも心配です。昨年までは、予防注射も体調が悪くて受けることができませんでした。今年こそは、ぜひ受けさせようと思いますが、いろいろ問題があるようで不安です。予防注射を含め、風邪の予防についてアドバイスをお願いします。
イラスト

A

予防接種に使われるワクチンは、大きく分けて2種類あります。ポリオ(小児まひ)や麻疹(はしか)のように生ワクチンを使うものと、インフルエンザのように不活化ワクチンを使うものに大別されます。

生ワクチンは、病原体を飼い慣らして病原性をまったく失わせたものですが、生きた病原体なので、接種すれば自然感染と同じように長期間、免疫体を保つことができ、予防効果が確実です。

これに比べて不活化ワクチンは、病原体を不活性化してあるので、免疫の効果は短く、確実なものではありません。そのうえ、インフルエンザの場合は、ウイルスの型がしばしば変化するため予測が難しく、新型のウイルスが流行した年などは、予防効果は当然落ちることになります。

しかし、免疫体が短期間でも存在するのですから、発病予防の効果がまったくないわけではありません。また、発病しても、症状の重症化予防には効果を発揮します。アレルギー体質などの問題がなく、体調もよければ、予防接種を受けることもインフルエンザ予防のための一つの方法だと思います。

また、インフルエンザや風邪にかからないようにするためには、予防注射や薬に頼ることよりも、日ごろからの体力作りが必要です。次のことを参考にして、家族ぐるみで取り組んでみてください。

薄着に心がける。
外から帰ったら手洗い、うがいを励行する。
朝起きたときに乾布摩擦を行う。
暖房は最小限にし、換気に気をつける。
戸外でのスポーツで体を鍛える。
偏食をなくし、栄養価の高いものをとる。
イラスト

ページのトップへ戻る