TOPわが家のしつけ Q&A > 健康に関すること(厚着から薄着へ)
健康に関すること
厚着から薄着へ(小2・男子)
Q
担任の先生から「着ているものが多すぎて、体育などの着替えに難儀しています。体のためにも、厚着しないほうがよいと思います。薄着の習慣をつけてください。」と言われました。風邪をひきやすい子ですから、寒くて震えていてはいけないと思って、風の強い日は用心して着せています。どの程度、着せておけばよいのでしょうか。薄着への切り替え方なども教えてください。
イラスト

A

「もっと薄着に」との先生の言葉は、きっと多くの子供たちと比べてのことだと思います。子供の健康のためには、幼児のころから、冬でも薄着で過ごさせるように勧められています。先生の忠告をきっかけに、お子さんの健康習慣を見直し、活力のある体作りに努力してください。

学校を欠席する理由の第1位は、風邪です。風邪は、呼吸器系疾患の一つですが、予防には、日ごろから皮膚を強くするように心がけることが大切です。皮膚は、外界や体内の変化に即して、保護や調整の働きを絶えずしていますが、活発に対応することができれば、体を守る力は強いといえます。皮膚の細胞と気管の粘膜細胞とは構造が似ていますから、皮膚を強くすれば気管を強くすることにつながり、風邪にも強い体ができていきます。

でも、現在風邪をひきやすいお子さんに、極端な薄着を強いることは、避けなければなりません。毎日の暮らしの中で、薄着に慣れさせていくのですが、大人より1枚少なくすることを目安にしてください。気温の下がり始める秋口から、少々寒くても、着込ませないように心がけるとよいでしょう。

皮膚を強くするには、薄着に慣れさせることのほかに、次のようなこともあわせて心がけてみてください。

手足を出して、日光に当てる。
夜、素肌になって寝巻きにぱっと着替える。
寒い風に負けないで、外で遊ぶ。
朝、冷たい水で、ジャブジャブ顔を洗う。

家族ぐるみで、よい生活習慣を作ることが大切です。

イラスト

ページのトップへ戻る