TOPわが家のしつけ Q&A > 健康に関すること(おしっこが近い)
健康に関すること
おしっこが近い(小1・女子)
Q
入学したばかりの長女ですが、最近、おしっこが近くなって困っています。入学後、二度ほどパンツをぬらして帰ってきました。授業中、時々気になって、放課になると急いでトイレに行くことがあると言っています。幼稚園時代にはなかったことです。また、家で遊んでいるときは、特にトイレに行く回数が多いわけではありません。どうしたら治せるのでしょうか。
イラスト

A

排尿は、だれにも起こる生理作用です。競走する前には、よく尿意をもようします。このように、緊張するとよくトイレに行きたくなります。したがって、排尿の頻度が多くなる場合は、緊張状態にあったり、ストレスがたまっていたりする精神的な影響を受けているためか、身体的な面に異常があるかのどちらかが考えられます。

お子さんの場合は、身体的な面に問題があるとは思われませんが、気になるようでしたら、泌尿器科や小児科などの医師に相談してみるとよいと思います。

医学的に問題がない場合は、家庭や学校の生活に目を向けて考えてみてください。ご相談の、小学校に入学した直後は、集団で登下校したり、チャイムで学校生活を送ったりして、お子さんの生活環境が、思っている以上に変化しています。ご質問の中で、お子さんは家庭で気楽に遊んでいるときは、排尿のことを気にしていないという状態ということです。原因として考えられることは、小学校という新しい環境に入ったため、親が期待しすぎて口やかましく多分に干渉しすぎていないか、新しいしくみとか、先生や友達になじめずストレスがたまったり、緊張が高まったりしてはいないかなどのことが思い浮かびます。

ご家庭ではまず、学校の様子を聞いてやるなど、お子さんの心を開かせ、相づちをうつなどして情緒の安定を図ってあげることが大切です。いずれにしても親は神経質にならず、温かく見守り、生き生きと過ごすように気を配ることが大切です。

また、担任の先生には、直接会ってありのままを話し、授業中にがまんをしないで、トイレに行けるように配慮してもらうことが必要です。

イラスト

ページのトップへ戻る