TOPわが家のしつけ Q&A > 基本的生活習慣などに関すること(テレビゲームばかりの息子)
基本的生活習慣に関すること
テレビゲームばかりの息子(小3・男子)
Q
息子は、3、4人の仲のよい友達がいて、毎週わが家で遊んでいます。それはうれしいことなのですが、いつもテレビゲームに熱中しています。機械に遊ばれているような気がしてなりません。もう少し外で遊んだり、違った遊びをしたりしてほしいと思うのですが……。
イラスト

A

テレビゲームはまだまだ根強い人気があるようですね。今では、テレビゲームは複数で同時に遊ぶことができます。しかし、子供たちにとって、まだほかにも楽しいことがあるのではないでしょうか。

実際に、3年生から5年生の児童に、「テレビゲームより楽しいことは?」と聞いてみました。答えは、「野球、サッカー、テニス、ドッジボール、カードゲーム、本読み、犬と遊ぶ、昼寝、虫とり、ピアノ、絵を描く、家族と人生ゲームなど・・・・・・」と、実にさまざまでした。子供たちは、屋外で体を使って遊ぶことに魅力を感じています。また、地域のスポーツクラブや文化サークルに入っている児童は、そちらに熱中していたほうが楽しいと答えていました。それにもかかわらず、テレビゲームに熱中するのは、子供たちを引きつける何かがあるとは思いますが、外で遊べない環境の変化も考えなければなりません。

次に、ある父親の経験を紹介します。・・・・・・わが家では、子供が使えるセロテープや段ボール、折り紙を小さいころから身近に置いて、自由に使わせています。ときには、息子といっしょにボール紙で動物を作ったり、大きな箱で基地を作ったりしました。後片づけが少し大変ですが、次回使うときのためにも大切だということも学習でき、親子でとても楽しめました。(ときには後片づけを親がしたこともありますが。)・・・・・・

日ごろの家庭での遊びも、子供にいろいろな体験や経験をさせて、それぞれの楽しさを味わわせることで、テレビゲームだけが楽しいというイメージをなくすことができると思います。友達が家に遊びに来ても、「いっしょに公園でサッカーしてきたら?」とアドバイスしてみてはいかがでしょうか。ときには、家族いっしょのときにはお父さんから、「みんなでトランプやるぞ!」「将棋やろう。」「プラモデル作ってみるか。」と誘って、家族で楽しむのもよいでしょう。ぜひ、親ごさんも楽しんでみてください。


ページのトップへ戻る