TOPわが家のしつけ Q&A > 基本的生活習慣などに関すること(友達の物を欲しがる)
基本的生活習慣に関すること
友達の物を欲しがる(小3・女子)
Q
2学期に入ったころから、長女が友達の持っている物をあれこれと欲しがって困ります。親としては、学用品をはじめ遊びに使う物など、不自由させない程度には与えてきたつもりです。何が不足なのかと思いますが、わがままだといって締めつけすぎても非行に走ってしまうのではと、対応に困っています。どう接し、どの程度要求を満たしてやったらよいのでしょうか。
イラスト

A

物を買ってほしいという欲望は、大人も子供も多かれ少なかれもっているもので、そのこと自体は決して心配することではありません。しかし、「みんなが持っている。」と言ってはあれこれと物を欲しがるということは、親ごさんのお考えのとおり心配しなければならないことです。

今まで、ご両親や周りの者の価値観で物を与えられていた子供が、自分なりに、他人の持ち物や友人間で流行している物に関心をもちはじめたようですね。しかし、その好みや必要感が、自分でもしっかりもてないので、友達の持っている物をいろいろと欲しがるようになってきたのです。

したがって、お子さんの要求どおり、安易に買い与えることは問題だと思います。しかし子供の欲望に対し、親が頭ごなしに押さえつけたりすると、ますます欲望が高まり、物欲をコントロールする力が育たず、非行に走ることにもなりかねません。

お子さんが物を要求してきたら、お子さんと話し合う時間をもってみてください。それはどんな物なのか。どんなことに使うのか。いくらぐらいする物なのか。今持っている物の中によく似た物はないだろうか・・・・・・。いろいろな面から話し合っているうちに、自分にとって必要な物なのか、子供なりに価値判断ができるようになってきます。場合によっては、親の考えをはっきり打ち出すことも大切です。そして、必要な物なら、家族と相談して購入計画を立て、与えるという方向はいかがでしょう。

子供に物欲をコントロールする力を育て、欲求を達成するために、乗り越えるべき障害を設定することが大切です。そして、安価な物ならこづかいの中でやりくりさせたり、高価な物なら購入時期を見通し、貯金と一部援助という約束をし、親子で目的達成への努力と、消費者としての物を見る目と心を養っていってください。

イラスト

ページのトップへ戻る