TOPわが家のしつけ Q&A > 人間関係に関すること(受験を控え異性からの電話やメール)
人間関係に関すること
受験を控え異性からの電話やメール(中3・男子)
Q
受験を控えた3年生にとって、いちばん勉強に力を入れてほしい時期になりました。最近、女の子からメールや電話があるようです。「どういう人?何の用事だったの。」と尋ねても、「なんでもないよ。」と言うだけです。異性に気が向いていては、勉強に身が入らなくなるのではないかと心配です。こんなとき、親はどんな態度をとったらよいのでしょう。
イラスト

A

異性からとわかる電話などがかかってきたりすると、周りの大人はたいへん気になるものです。まして、勉強にしっかりと取り組んでほしいときに、異性のことで頭がいっぱいで勉強が手につかなくなってはと、心配になられる気持ちもわかります。

しかし、中学生のころは、今までの子供らしさが抜けて、身体的に男子は男としての特徴が、女子は女としての特徴が現れてきます。この変化を二次性徴といっていますが、このころは自分の性に目覚めるだけでなく、異性に対して興味・関心が強くなってくるときでもあります。異性の友達をもてば、今の生活がもっとすばらしいものになるとも思うでしょう。こうした感情は自然のことです。

しかし、中学生といえば、未成熟で精神的に不安定な時期です。また、社会の環境も露骨な刺激が多く、まちがった知識もはんらんしており、悪い結果を招く恐れもあります。本人任せというのはよくないと思います。そこで、次のような態度で接したらどうでしょう。

いちばん大切なことは、包み隠さず話し合うということです。異性との交際は、秘密にしがちです。家庭で、異性との友人関係について話し合える雰囲気を作ってください。両親が、それぞれの経験を中心にして、話し相手になってやるのが理想的です。

そして、中学生時代に知り合う異性の範囲は限られており、早い時期に特定の異性だけの交際に固定させてしまうことは、視野を狭めてしまうことになるので、できるだけ多くの異性に接して、異性を見る目を養い、理解を深めることが大切であることなどを話してあげてください。

また、異性に夢中になって勉強がおろそかにならないように、交際のルールを作らせてはいかがでしょうか。同時に、運動にも関心を向けるよう、生活計画の中に取り入れさせることも大切かと思います。

イラスト

ページのトップへ戻る