TOPわが家のしつけ Q&A > 人間関係に関すること(異性との付き合いに関心をもつ)
人間関係に関すること
異性との付き合いに関心をもつ(中2・女子)
Q
娘は、異性との付き合いに強い関心をもっているようです。最近は、いろいろ考えられないような事件が起こり、親としては不安がいっぱいです。日ごろから、どんなことを家庭で話していったらいいのでしょうか。

A

小中学生の多くが、テレビや雑誌などの情報に大きな影響を受けている現実は否めません。

日本性教育協会「青少年の性行動 第5回調査報告」(1999~2000年)では、心理的側面からの調査で、中学生の「性的関心」は高く、行動的側面からは、中学生のデート経験は4人に1人、キス経験は10人に1人と急増している実態が報告されています。

中学生、高校生といえども、異性との交際が始まった場合、それを否定したりやめさせたりすることは難しい面があります。中学生にとって、二次性徴に伴って異性に興味をもつことは自然なことで、豊かな人間関係を形成していくためにも、周囲の大人がより豊かなものへとはぐくんでいく姿勢が大切です。

しかし、マスコミや雑誌などの影響からか、カップル願望が強く表れる生徒もいます。特に問題になるのは、交際のマナー上の問題が出たり、性行動につながっていくような問題が出たりすることです。「愛していればいい」「興味本位」「衝動的」といった理由での性行動ではなく、性行動の結果、生じてくる責任を教えていく必要があります。例えば、相手の人生を大切にする責任や、妊娠を伴う女性や生まれてくる子供に対する責任です。

異性との交際で大切にしたいことは、次の4つです。

①お互いに尊重し合い、責任がもてる関係
②「イエス・ノー」が言える関係
③男女の特性や違いについて、学び合っていける関係
④マナーやエチケットを守れる関係

さらに、性を商品化したり、あおるような性情報に対する正しい判断力をつけさせる必要があります。家庭でも、ぜひテレビや雑誌等の性情報について、話題にしてみてください。

イラスト

ページのトップへ戻る