TOPわが家のしつけ Q&A > 学習に関すること(進路決定のときの注意)
学習に関すること
進路決定のときの注意(中3・女子)
Q
高校進学を目ざしてがんばっている長女のことですが、希望校をどこにしたらよいのか迷っているようです。先日も、学校から希望校の調査用紙を持ち帰り、「お母さん、どこにしよう。」と話しかけてきました。今後は保護者会などに向けて、希望校を具体的に決めていかねばなりません。このようなとき、どんなことに注意して希望校を決定させればよいのでしょうか。初めての受験生なのでとても心配です。
イラスト

A

希望校を決めることは、お子さんの生き方を方向づけることにつながります。そのため、大きな意味をもち、慎重に対処しなければならないだけに、ご心配な気持ちもよくわかります。

希望校を決める場合、最も大切なことは、子供の意志を尊重することです。そのためには、話し合いを十分にしてください。目先の希望校だけでなく、お子さんの将来設計なども確かめてください。

中学3年の時期では、自分の能力、適性、家庭事情などまで含めて考えている子供は少ないと思います。「友達が行くから」とか「みんなが普通科に行くから」とか「制服が似合うから」などと、確固とした目的意識をもたないまま、安易に自分の進路を決定しがちなものです。

したがって親としては、子供の気持ちを揺り動かし、励ましてやることが必要です。子供の生活実態を踏まえ、適性や能力を考慮しながら、将来どんな職業に就きたいのか、そして、そのためには大学進学が必要なのか、あるいは工業や商業関係の高校に進んだほうが有利なのかということを考えさせたり、親の考えを話したりしてください。

世間の評判や身内の体裁などから、頭ごなしに結論を押しつけるようなことは、絶対に避けねばなりません。

高校は、それぞれ特色をもっています。学校紹介の本を調べたり、高校ごとに行われる学校公開日に参加したり、通学している人や卒業生に話を聞いたりすることも大切です。

もう一つ重要なことは、担任の先生との相談です。どこの中学校でも、希望校を最終的に決める保護者会があります。そこで、ご家庭で話し合った結論をはっきりと伝えてください。担任の先生は、お子さんの能力や適性などを相対的に正しく判断しており、適切な助言をしてくださいます。

イラスト

ページのトップへ戻る