TOPわが家のしつけ Q&A > 学習に関すること(勉強への意欲がない)
学習に関すること
勉強への意欲がない(中1・女子)
Q
小学校の高学年のころから「勉強は苦手だ。」という思いが心のどこかにあり、進んで何かを学ぼうという姿勢が見られません。中1になり、成績は下。学習もどんどん難しくなり、ついていけなくなっているようです。つい、口うるさく言ってしまうのですが、子供のほうは馬の耳に念仏まったく聞き入れてくれません。高校へは進学させたいと思うのですが……。
イラスト

A

親の心子知らずという言葉があるように、親の気持ちを子供はなかなかわかってくれないものです。

人間には本来、知識欲・学習欲があります。好奇心が働くのもそのためです。それなのに「進んで学ぼうという姿勢が見られない」ということは、過干渉による受け身の生活をしてきた結果ではないでしょうか。このままだと、高校へ進むことも、職に就くことも、だれかがなんとかしてくれると、他人事のようにしか考えられなくなってしまうこともあります。

今の子供たちは、物質的にたいへん恵まれた生活をしています。それも、親の働く姿を見ることがほとんどない状態で、欲しい物がどんどん手に入るわけですから、苦労しなくても生活ができるんだ、と思ってしまいがちです。

この機会に、現実の生活の厳しさを教え、そのうえで、お子さんの将来の生活設計を真剣に話し合われたらいかがでしょうか。お子さんの夢を聞き、それを達成させる方法についてアドバイスし、どんな進路を選ぶかは、お子さん自身に決めさせてください。期待が強すぎても重荷になりますし、押しつけは禁物です。

大きな進路目標が決まれば、次はステップ目標です。学習者にとって、自動車の免許取得のような勉強は、身近で目的もはっきりしているので、だれでも懸命に取り組みます。ですから、取り組みやすいように目標を細かくし、少し努力すれば達成できるようにさせることが大切です。ここで気をつけることは、お子さんの人生だから、何事もお子さん自身に決めさせてほしいということです。親は、あくまでも相談相手でいてください。

しかし、環境作りは、親ごさんが中心になって進めてください。落ち着いて机に向かえる部屋だとか、家族での読書会や映画会など、家庭全体で何かを学習するムードを作り、それが定着するまでリーダーシップをとっていただきたいと思います。

イラスト

ページのトップへ戻る