TOPわが家のしつけ Q&A > 学習に関すること(部活動と勉強との両立)
学習に関すること
部活動と勉強との両立(中1・男子)
Q
中学生の長男は、この5月からあこがれの運動部に入部し、毎日熱心に参加しています。でも、最近練習が激しくなったためか、帰宅してからも家での勉強に身が入らない様子です。この6月には中間テストが控えていると聞きますし、このままでは成績も心配でなりません。テストの方法も、小学校のものとは大きく異なるとか……。部活動と勉強との板ばさみに、親子ともども心を痛めています。
イラスト

A

部活動と勉強との両立に悩み苦しんでいる中学生は、たくさんいます。それを克服してきた数多くの先輩たちもいます。お子さんも自分なりの生活を作りあげる、よいチャンスに遭遇しているのだと考え直していただくことを、まずお願いします。

さて、部活動も夏の大会を前に、練習も本格的になったことでしょう。部活動をまじめに行えば疲れ、つい家での勉強に身が入らず、学業成績も下がるのではないかと不安に思われるのも無理ありません。

でも、部活動をすることが、本当に家での勉強を阻害しているのでしょうか。部活動のない日はテレビ視聴に流され、ついつい勉強の効率も上がらず一日が終わってしまうものです。中学校時代は、部活動と勉強を両立させることが大切です。部活動があるから勉強がやれないというのは、甘えにすぎません。残された時間の活用を考えてください。

さて、初めての中間テストへの準備についてお答えします。まず、学校の授業を大事にすることです。毎日の授業を軽視して、実力のアップは望めません。そのためには、予習と復習を大切にすることです。学んだことを、自分なりに整理し直すことも必要です。教科書の問題は、必ずやれるようにしておくのもよいでしょう。

次に、中学生になれば、自分で学習の計画を立て、それを実行するようにすることが大切です。初めはうまくできなくても、少しずつ自分に合った学習計画を考えて、自主的な態度を身につけていくようにしたいものです。

とにかく、テストが近づくと一時的に学習し、その場だけのものになりがちですが、最小限の時間で最大の効果をあげるにはどうしたらよいかといった、生活全体のリズムを整える機会と考えて、お子さんへのよき支援者になってください。

イラスト

ページのトップへ戻る