TOPわが家のしつけ Q&A > 健康に関すること(視力低下でも眼鏡をしない)
健康に関すること
視力低下でも眼鏡をしない(中2・女子)
Q
中学生になってから、だんだん視力が低下して左右とも0.5になってしまいました。「かっこう悪い。」と言って、眼鏡をかけようとしない娘が心配です。
イラスト

A

日ごろ何げなく使っている「2つの目」、それは人の心の表れる「心の窓」であり、また、知識を吸収する「知識の窓」でもあります。

ところで、ひと口に「視力低下」といっても、遠視・近視・乱視などいろいろな場合が考えられます。特に小学校の高学年から中学生になると、近くのものを見たり作業したりすることが続くためか、目の疲労が重なり、学年の進行にしたがって近視(低視力)の割合が増加していくようです。

一般的には、教室内のどこにおいても、黒板の文字が読めるのに必要な視力は、0.7といわれています。お子さんの場合はそれを下回っているので、たぶん教室の後ろのほうでは読みにくいと思われます。とりあえずは、席を前のほうに替えてもらうよう担任の先生に話してみましょう。また、眼鏡をかけさせることを心配される前に、まずは、専門の眼科医で再度の検査および治療、あるいは指導を受けられることをお勧めします。そして、視力低下の原因をしっかりつかむことです。初期ならば治療も可能ですし、ひょっとしたら何かの病気が原因の場合もあるからです。

よく、眼鏡をかけるとかえって近視が強くなるとか、かけたりはずしたりすると近視が強くなるといわれていますが、これはまったく理由のないことです。目に合った正しい眼鏡を使えば、目の疲労をやわらげることができます。かっこうを気にして無理をすることは、かえって大事な目をいためる結果になることを話してあげてください。また、眼鏡をかけるといっても、使い始めは、授業中だけ使用すればよいと思います。

あわせて、目の疲労の予防についてもこの機会に話し合い、チェックしてみてください。

部屋の照明
学習や読書時の、本との距離や姿勢、適当な休憩
鉛筆の濃さ
テレビとの距離および視聴の姿勢

ページのトップへ戻る