TOPわが家のしつけ Q&A > 人間関係に関すること(親と対話をしなくなった)
人間関係に関すること
親と対話をしなくなった(小6・男子)
Q
6年生の初めころから気になっていましたが、長男が最近、学校での出来事を聞いても話してくれなくなりました。帰る時間におやつを用意し、話しかけるようにしていますが、何も言わずに怒った顔をして、自分の部屋へ行ってしまいます。学校では、友達とよく話をしたり、遊んだりしているようです。どうも、わたしと話すことを避けているように思います。どうしたらよいか心配しています。
イラスト

A

友達とは話し合いをしているので、心配はないと思います。しかし、学校の様子を話してくれないし、会話が少なくなっているので、親としてはご心配のことでしょう。

高学年のころになると、自立心ができてきて、他人のおせっかいには耳を傾けようとせず、うっとうしがる子供を見かけます。したがって、ご質問の場合は、親ごさんが学校の様子を聞き出すことに対して、めんどうくさく感じているのではないかと思われます。おおげさに気にすることはないと思いますが、会話を交わすには、次のことに気をつけて対応されるとよいと思います。

まず、お子さんとの会話のあり方を考え直されたらどうでしょうか。会話は、互いに気楽に思ったことを対等な立場で話し合うものです。今までのように一方的に尋ねることをできるだけ控えて、ゆとりをもって、気軽な話題で話し合える雰囲気作りをすることが大切です。また、話し合う場面は、帰宅時のひと息つくときだけでなく、夕食時とか、テレビをいっしょに見ているときとか、家族そろったときなども話題が広がり、よい機会になります。

しかし、そんなとき話題が、どうしても学校のことになりがちです。まじめな話し合いだけでなく、家庭や地域での出来事とか、マスコミで話題になっていることや、子供さんが興味や関心をもっている遊び、趣味なども取り上げたらどうでしょうか。こうした話題のほうが、お互いに気軽に話し合えるし、何を考えているかがよくわかると思います。

しゃべらせようとすると、よけいに口を閉ざします。世間話をするような雰囲気を作り出し、話し合いの中に溶け込めるようにして、親子のきずなを深めるようにしたいものです。ゆとりをもって、根気強く取り組んでください。

イラスト

ページのトップへ戻る