TOPわが家のしつけ Q&A > 人間関係に関すること(乱暴な子と友達になった)
人間関係に関すること
乱暴な子と友達になった(小5・男子)
Q
長男の友達関係のことです。長男は幼いころから引っ込み思案で、ひとりぼっちで遊んでいることが多い子でしたが、最近、「気の合う友達ができた。」と言って、元気よく遊びに出かけるようになりました。活発な友達ができ、親としては本当にほっとしていたところ、近所の方から、その友達がずいぶん乱暴な子だと聞き、心配になってきました。このままにしておいてよいものでしょうか。
イラスト

A

高学年ともなれば、精神的に自立し始め、その子なりの人格を作り上げていく大切な時期です。人間的に大きく成長するには、さまざまな刺激が必要です。遊びを通して地域社会の出来事やありさまを見聞きしたり、多くの人に接し、多様な考え方を知ることは、子供にとってよい刺激となります。ご心配のように、一人で家に閉じこもっていては、健全な成長は望めません。お子さんが気の合う友達を得て、外へ遊びに出るようになったことは、とても喜ばしいことです。

これまで友達付き合いが少なかったお子さんには、新しい友達の影響は非常に大きいものです。そのうえ評判がよくないと聞けば、親としてなおさら不安が募ることでしょう。ただ、うわさを真に受け、友達付き合いをやめさせることはいかにも性急です。優等生的な友達には気後れがして伸び伸び付き合えないけれど、おうちゃくで、だらしないところのあるような子には、気が許せて率直な付き合いができるのかもしれません。乱暴な子に、かえって気弱な自分が励まされることもあるでしょう。相反するものにひかれたり、不足するものを補い合ったりすることは、人間関係には多いものです。

まずは、ご自分の目でどんな子か、どんな付き合い方をしているのか、確かめてみてください。乱暴といわれる子の中にも、お子さんがひかれるよい面がきっとあるはずです。そのよさを認めてやってこそ、信頼関係もでき、友達付き合いもよりスムーズにいくと思います。また、親どうしが親しくなることも大切です。親子ともども気軽に行き来し、話し合うことができるようになれば、あれこれ心配することもなくなります。

親が友達を選んで押しつけることはできません。わが子が選んだ友達を認め、そして、二人ともが成長していくように、温かく見守ってあげましょう。

イラスト

ページのトップへ戻る