TOPわが家のしつけ Q&A > 学習に関すること(社会科が嫌い)
学習に関すること
社会科が嫌い(小5・女子)
Q
娘は社会科が嫌いで、当然、成績もよくありません。先生から「新聞やテレビのニュースを見て、世の中のことに関心をもつように。」と言われていますが、そういうことにまるで興味がなく、いっこうに先生のおっしゃるようにしません。わたし自身が社会的な事柄にうとく、その娘ですからしかたがないのですが、わたしもここで、娘とともに勉強していきたいと思います。具体的な方法を教えてください。
イラスト

A

お子さんとともに勉強しようという親ごさんの姿勢は、すばらしいと思います。子供にやらせたいことは、まず親自身が実践してみることが大切です。5年生の社会科は、日本の農業や工業、通信・運輸など産業の学習が中心です。先生がマスコミを利用してと言われたのは、これらに関する情報が毎日、大量にもたらされているからです。

そこで、社会科の勉強に役だつテレビ番組を前もっていくつか選択し、計画的に視聴するのがよいと思います。役だつとはいえ、特集番組などは、高度な内容のものがあるので、クイズ番組のような軽いものから入っていかれてもよいでしょう。

ニュースは、まずローカルなものから親しみ、地域の行事や自然・産業などに目を向けるのがよいでしょう。難しいニュースも、近ごろはニュース戦争の時代といわれ、各局競ってわかりやすく報道するように努めていますから、じっくり見ると理解できることが増えてきます。

新聞は、大見出しだけでもよいですから、お子さんに読んであげれば、世の中のおおよその動きがわかってくると思います。こうして得た情報について、素朴なものでよいから感想や疑問を親子で投げかけ合うことが、社会科の勉強そのものになります。

居間に地図を置くこともお勧めします。ニュースで報じられた地名、家族で出かける場所、果物などにはられたラベルから読み取れる産地などを、折にふれ、地図を開いて親子で確かめるようにするとよいと思います。

また、お父さんに仕事の内容などを話していただくとか、可能ならば、仕事場を見学させてもらうとかすれば、社会生活を自分の生活と結び付けて理解でき、興味・関心も深まることでしょう。

イラスト

ページのトップへ戻る