TOPわが家のしつけ Q&A > 健康に関すること(偏食で野菜を食べない)
健康に関すること
偏食で野菜を食べない(小5・男子)
Q
野菜を食べません。偏食の子は心が不安定になり、無気力・消極的になるとも聞きますので心配です。
イラスト

A

最近の食事の傾向は、動物性たんぱく質の摂取が多く、野菜を食べることが少なくなってきています。また、インスタント食品や好きな食料品が手軽に入るために、嗜好が偏ってきているともいわれています。

この年ごろになると、好き嫌いがかなりはっきりとしてきて、なおすにもかなりの努力が必要だと思われます。次のようなことに留意されてはいかがでしょうか。

まず第1に、偏食がいかに体に悪影響を及ぼすかということを、お子さんに教えてあげてください。第2に、食べやすいように調理の仕方を工夫してください。特に、野菜の場合は、原形のままで出さずに細かくせん切りにしたり、みじん切りにしたりして形を変えるとよいでしょう。それを、他の材料に混ぜこんで、煮込んだり揚げたりして、手を加えるようにしたいものです。

次に、食べ物に関心をもたせることにも心がけてください。学校でおいしい給食を食べた後に、「あの料理を作ってほしい。」と要求することもあると思います。そんなときは、お子さんといっしょに料理してみたらいかがでしょうか。また、環境を変えて屋外で食事をしてみたり、友達といっしょに食事する機会を作ったりすると、ふだん口にせず、嫌っていた食べ物が食べられるようになることもあります。

偏食は、生活習慣に大きなかかわりがあります。食事はきちんと決めた時間にとるようにしたいものです。できるだけ家族がそろって、楽しい雰囲気で過ごすことが大切なことです。また、間食を食事前にとったり、おやつのときにたくさん食べさせたり、糖分をとらせすぎたりすると、主食をあまりとらなくなります。好きなものだけでなく、バランスのとれた食事をするように気をつけてください。

さまざまな取り組みをあげました。できることからお子さんとともに、おしつけがましくならないように取り組んでみてください。


ページのトップへ戻る