TOPわが家のしつけ Q&A > 人間関係に関すること(いじめにあっているのではないか)
人間関係に関すること
いじめにあっているのではないか(小3・男子)
Q
近ごろ、子供の様子がおかしいので心配です。表情が暗く、元気がないように見えます。また、話しかけても視線を合わせようとしません。今までは、学校から帰ると元気に外へ遊びに出かけていましたが、家で一人でいることが多くなりました。ほかにも、靴がなくなったり、衣服がひどく汚れていたりするなど、心配なことがいくつかあります。
イラスト

A

小学校3年生のころは、ギャング・エイジといって、友達や仲間をつくって元気よく遊ぶ時期です。お子さんも以前はそうだったと思いますが、最近は元気がなく、ご心配なのですね。

子供の心の状態は、表情や行動に表れるものなので、よく見ていてほしいと思います。それでもよくわからないときは、子供に学校の様子(授業、行事、先生のことなど)や友達のことなどを聞いてみて、その反応で判断することもできます。もし、心配ごとがあれば、笑顔が消えて口を濁したり、黙ってしまうか、その場から離れていったりするでしょう。逆に、目を輝かせて話をすれば、大きな心配はないと思います。

しかし、元気だったお子さんが暗くなり、元気がなくなってきたのには、それなりの理由があるはずです。また、物がなくなるなどしていることから、いじめにあっている可能性もあります。そのことを本人に直接聞いても、なかなか話してくれないでしょう。まずは、本当の理由を知ることが大切です。

そこで、今まで仲のよかった友達に、最近の様子を聞いてみてはどうでしょうか。きっと何か手がかりがつかめると思います。それでもわからないときは、担任の先生に相談してみてください。

もし、いじめがあった場合は、先生とよく連絡をとり、先生から子供たちに、「いじめは絶対にいけない」ということを話していただき、親として、お子さんを大きな心で包み、安心感と勇気をもたせるようにしてほしいと思います。このほか、「いじめ110番」、「教育相談室」などの専門機関に相談して、アドバイスをもらうこともできます。


ページのトップへ戻る