TOPわが家のしつけ Q&A > 人間関係に関すること(友達と遊べないから学校を嫌う)
人間関係に関すること
友達と遊べないから学校を嫌う(小3・女子)
Q
長女のことでご相談します。最近、学校へ行くのをいやがります。子供に聞いてみると、「友達が遊んでくれないから、つまらない。」と言います。そう言われてみると、家でも、あまり自分から友達を誘って遊んでいないようです。家で一人で遊んでいるので、「友達を呼んだら。」と言葉をかけるのですが、いやだと言います。気が強く、わがままな娘なので心配です。
イラスト

A

お子さんの場合、友達が遊んでくれないから学校へ行きたくない、と言っているので、学校での友達関係についてどんな様子なのか、担任の先生に聞くことが大切だと思います。学校の様子を聞かれたうえで、担任の先生には、学校での友達関係について配慮してもらうよう、お願いするとよいでしょう。

小学校3年生の時期は、体がよく動き、口が達者になり、自己主張が強くなってくるので、けんかをよくするようになります。自分の思いどおりにならないと、友達の悪口を言ったり、怒ったり、友達をたたいたりして、けんかを繰り返して成長していきます。

ですから家庭では、友達を作るために、次の点に気をつけられたらいかがでしょう。  第1に、子供を過保護に育てていないでしょうか。本人ができることを、子供の要求に従って大人がやってしまうということがあれば問題です。過保護に育てられた子供は、自己中心的で、好ましい友達関係を作ることが苦手になります。

子供が成長するにつれて、自分のことは自分で考え、判断できるようにしていくことが大切でしょう。もし失敗したとしても、次の機会に考えさせればよいと思います。

第2に、子供が小さいときから、同じ年ごろの子供と遊ぶ機会を多く作っていたでしょうか。子供は、同じ年ごろの子供と遊ばせることにより、子供どうしの付き合い方を学んでいきます。

この時期の子供のけんかは、社会性を育てていく上で大切な過程ですので、子供がけんかをしたときに、親は静かに子供の言い分を聞いて、子供たちどうしがその非に気づき、トラブルを解決していけるように配慮していくことが大切だと思います。

このようなことに注意しながら、親どうしが地域で、子供のことについて話し合える仲間を作ったり、自宅に子供が気楽に出入りできる雰囲気を作るように心がけましょう。

イラスト

ページのトップへ戻る