TOPわが家のしつけ Q&A > 人間関係に関すること(人に何か言われるとすぐ泣く)
人間関係に関すること
人に何か言われるとすぐ泣く(小1・女子)
Q
この春、入学したばかりの娘のことです。先日、授業参観に行きましたら、娘は下ばかり見て、めそめそしているようでした。後で先生にお聞きしたら、「はにかむことが多く、友達に何か言われるとすぐ泣きます。ぐずぐずしていることが多いですよ。」と言われました。家では元気に飛び回り、大声でよく話しますので驚いています。どうしたらよいか教えてください。
イラスト

A

ご質問のようなことは、低学年の子にはよくあるケースだと思います。家庭では自己中心的にふるまえるので泣く必要がないのですが、学校では思うようにならないと、泣くことで自己防衛や自己表現をしているのではないかと思います。

泣くことの要因としては、具体的には外遊びの経験が少ないとか、友達と気軽に話をすることができないというようなことが考えられます。

学校の先生は、日々の指導で友達の輪を広げたり、はきはきと話をする力を育てたりすることに努めています。家庭でも次のようなことに心がけてみてください。

スキンシップによる触れ合い・・・・・・両親に大切にされているという体験を、たっぷりさせる。時には父親も子供と触れ合う機会を作り、いっしょに遊んでやる。
がまんのしつけ・・・・・・子供は、本当にかわいがってくれる大人の言うことはよく聞く。がまんさせるべきことはあいまいにしないで、きちんとがまんさせる。
友達作り・・・・・・親もいっしょに近所の子供と遊んだり、親どうしが仲よくなったりして、一人でも多くの友達といっしょに遊ぶ機会を作る。
任せるしつけ・・・・・子供を王様扱いせず、自分のことは自分でさせるようにして、できた喜びを体験させる。衣服の着脱、学習用具の準備などを自分でさせて、多少の失敗は大目に見る。

なお、こういう場合、一時、生活習慣が乱れがちになることもあるので、学校の先生とよく連絡を取って進めてください。以上のようなことに気をつけていけば、学校でも積極的に生活をするようになり、めそめそすることはなくなると思います。

イラスト

ページのトップへ戻る