TOPわが家のしつけ Q&A > 学習に関すること(忘れ物が多く勉強が心配)
学習に関すること
忘れ物が多く勉強が心配(小3・女子)
Q
4月当初の大切な時期ですが、長女が出かけた後、調べてみると、忘れ物がよくあります。授業の時間は多くなり、勉強の内容も高度になっているようです。それだけに毎日の用具がととのっていないと、学習内容を十分に理解することができないのではないかと心配です。自分自身で身の回りのことをしっかりできるようにするにはどうしたらよいでしょうか。
イラスト

A

3年生ともなると学校にも慣れ、1、2年で見られるような生活に対する緊張感が薄らいできます。「明日の準備は後からするから…。」などという態度に、そのことが現れています。

一方、親としては「もう3年生になったのだから、自分のことは自分でしなければ。」という気持ちから、以前に比べて注意を促す機会が少なくなっていきます。この姿勢はよいのですが、4月当初というのは、まだ2年生の延長上だと考えたほうがよいでしょう。

したがって「3年生になったのだから。」とか「3年生のくせに。」という言葉で子供を追いやるのではなく、本人の自覚が出てくるまで、今少し気長に対処して、見守ることが必要だと思います。

親子の会話を大切にする・・・・・・ある時間がきたら、明日の用具について声をかけてやることもよいと思います。そのときすでに自分でできているようなら、十分にほめてやることが大切です。ほめてもらえることで、自分自身ですることの気持ちよさを体得していきます。親子の会話を通して、学習習慣の自立を育てたいものです。会話を多くもつことは、単に学用品の準備のためというだけでなく、学校生活全体を理解することにもつながるものです。
2回調べの習慣づけをする・・・・・・前日に1回、当日の朝もう1回、用具がととのっているかどうかを調べさせることです。最初は手間がかかり苦痛を訴えるでしょうが、忘れ物をしたときの「心の痛み」を思い起こさせ、納得させて習慣化を図りたいものです。でも、いつまでも2回調べを続けることが、よい方法だとはいえません。
連絡帳の活用を有効にする・・・・・・連絡帳は、基本的には家庭と学校との触れ合いの場として大切なものです。ですから、毎日、親が目を通すようにしてください。持ち物の準備だけでなく、学校からの連絡も知ることができるからです。
イラスト

ページのトップへ戻る